今日は祭日。

 

メインの現場は休みなので、

それをチャンスに

改修工事の現場に行ってきました。

 

作業内容はレベラー打設です。

70㎡程度なのでローリー車は頼まず、

手練りでの作業です。

 

レベラーを流すことや均すこと自体は

それほど大変ではないですが、

レベラーは水のように

どんどん低い方に流れていってしまいますので、

広い場合は何スパンかに少し区切りながら

流していくのがポイントです。

 

今回はバッカーを貼って

3スパンに分けて流していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また最近のレベラーは

速硬性で締まりが早いのが特徴で、

朝から打設すれば

今の時期なら昼には軽歩行は可能なので、

次工程への影響が少なくて済みます。

 

ただ打設する我々側としては

素早く作業しないと、

バッカーで区切った部分が

どんどん締まってきて、

バッカーを剥がして次のスパンを仕上げるときに

上手く馴染まないでジョイントになってしまうので

その辺を考えて作業するのが大切です。